遺品整理、生前整理、老後整理、土地・建物から相続問題まで、ご相談下さい。遺品整理専門店Ihin99です。

遺品整理と財産の捜索

遺品整理と財産の捜索

ご遺品整理を行う時には先ず、相続に関係した財産の捜索を行って頂く事が大変重要になります。近年では、パソコン(PC)やスマートフォン、Pad等に大切な情報やデータを保存する方が増えてきています。この様なデジタル関連機器の内部データもご遺品整理の対象になります。電子アルバムとしてデータ化された大切な思い出も含めてのご遺品整理を行いながら、相続財産を捜索する事が重要になります

目次

ご自分で遺品整理をやる時はこちらをご覧ください>>>

遺品整理と相続財産
故人がご愛用になっていた日用品や持ち物を、書類の類ほか、全てがご遺品とゆう事になります。又、民法上は、相続財産ともいえます。

遺品整理の前の大切な準備として、ご遺品の中ら遺産相続に関係した財産が有るかどうかを探し出さなくてはならない場合が有ります。お一人で暮らしていた方でも、「貯金通帳や有価証券類、不動産関係の権利書」などは比較的分かりやす場所に有るケースが殆どですが、借金の借用書やその他有効な効力を持つ書類の類、貯金以外の現金や貴金属類、骨董的価値や、一部の収集マニアに人気が有る価値のあるお品物などが、ご遺品の中に有る場合が有ります。

遺品整理での仕分け分別
1、相続財産になるかどうかの確認
2、形見にするお品物かどうかの確認
3、そのまま、お使いになるかどうかの確認
4、処分品として処分するかどうかの確認

 
残された遺品の点数や状態などにもよりますが、捜索のポイントは、机の引き出しや、本棚、本やファイル等の中、段ボールがあれば、段ボールの中など探す場所は多岐に渡ります。物量にもよりますが、目的の物が明確に分かっていれば良いですが、案外そうではないケースも沢山有ります。

パソコン・スマフォ・Padの確認

故人の方がご契約になっていた有料サービスの、契約書であったり、中にはご遺族の方が知らない契約の物も有るかも知れません。最近では、パソコンやスマートフォンやPadなどの中にデータとして保存されているケースも有ります。
様々な理由でご遺族だけで行う遺品整理は多くの時間と労力を費やしながら中々進まないといった状況がかなりあります。

更に遺産の相続が絡んでくると相続財産の捜索や財産の特定作業等も加わる事になりますから、他の相続人が居る場合は、相談や確認をしながら遺品整理を行ったり、また、相続財産や相続手続きに関して内容を十分に知っている方と連携をとりながら遺品整理を進める事が遺品整理を行う上で後に他の相続人とのトラブルを避ける上でも大変重要になってきます。

上記の様に一般の整理と遺品整理では、やるべき事や、やらなければならない事が大きく異なる事になりますが、一番のポイントは故人の方が生前愛用していたお品物の数々(ご遺品)を故人の方をご供養する気持ちを込めて丁寧に仕分け整理をする事が何より大切だと考えます。

遺品整理と相続に関する詳細説明はこちら>>>

 

ご相談・ご依頼等お気軽にお問い合わせ下さい TEL 03-6905-6959 店舗営業:年末年始以外年中無休
Mail:問い合わせ24時間対応中

PAGETOP