遺品整理、生前整理、老後整理、土地・建物から相続問題まで、ご相談下さい。遺品整理専門店Ihin99です。

遺品整理は相続財産探しから行う事が重要です

遺品整理は相続財産探しから(ご遺品整理で最初に行うべき事)

お亡くなりになった方の遺品整理で最初に行うべき作業とは何でしょうか?
ご遺品=相続財産でも有る為、まずは、遺品整理は相続に係るものを捜索する為に行う事が必要です。

有価証券や不動産の登記簿、ゴルフ会員券、貯金通帳や印鑑、貴金属や車、現金等、お亡くなりになった方が生前お持ちになっていたもので、金銭的な価値がある、物品や権利などを主にプラスの相続財産といいます。

反対にマイナスの相続財産は主に借金等の債務をいいます。

つまり、相続財産は大きく分類すると2つに分類する事ができるわけです。

遺産を相続するとゆう事はマイナスもプラスも全ての権利義務を相続(引き継ぐ)事になります。借金(負債)も相続する事になりますから、相続人になった方は自分が作った借金でもないのに、相続により負債を負ってしまうなんて納得がいかないとゆう事になります。

遺品整理と相続放棄

そこで、民法では、推定相続人が、相続を知った日から3か月以内であれば、管轄の家庭裁判所に相続放棄の手続きを行い、認められれば、(認められない場合もあります)その方は初めから相続人ではなかったとされ、マイナス財産もプラス財産も相続しない事になります。

ご遺品の中にもし、ご家族が知らなかった借用書が埋もれていたら、もし、そのまま、3か月以上が経過してしまったら、単純承認(相続する事を認める事)したことになり全て相続をしなければいけない事になります。

相続方法と種類に関しての詳細はこちらでご説明しています。相続の種類と方法>>>

また、他に相続人が居た場合は、その方も相続放棄の手続きを行います。相続人が誰も居なくなるまで、順次相続放棄の手続きを行っていく事になります。相続人が誰なのかを早期に特定して相続の内容を確認し、相続人同士で話し合い結論を出し、次にどのように対応していくか考える必要が有ります。相続人の数が多ければ、それだけ相続人の特定や、各種続きに時間がかかります。

ここまでのまとめ
相続人は時に負債も相続する事になります
相続財産の内容を早めに把握する必要がある
相続人が誰かを早期に特定する必要がある
相続放棄は相続を知ってから3か月以内に手続きをする

 
ここまでお読みいただいた方は、「遺品整理」と「相続財産プラス・マイナス捜索」の関係は大変重要であると、ご理解いただけたと思います。

此処から、更に重要です。

相続放棄をする場合、した場合は、故人のご遺品には、一切手を触れてはいけないと言われています。しかし、手を触れなければ、故人のご遺品の中から、プラスもマイナスも、探し出せないという事になります。その為、遺品整理が相続財産の特定に必要な作業であって、プラス・マイナス財産を捜索する為のものであれば、問題が無いとも言われていますが、実はこの相続放棄と遺品整理に関しては、グレーな部分も有るようですから、士業の専門家に相談をして頂かないと中々結論が出ないのが本音の所です。

相続放棄に絡む遺品整理は、過去の事例(判例)などに照らし合わせて、どの様に対応するべきか専門家の判断を仰ぐのが良いと言えます。

相続放棄をしようと考えていても、遺品整理(処分、販売)を行った場合は単純承認したとみなされ、相続放棄が出来なくなる可能性が大きいです。この辺は、相続放棄をしようと考えているわけですから、確信犯となり、当然相続放棄はできないと考えられます。

相続放棄をした後に遺品整理(処分、販売)を行った場合ですが、相続放棄したら、その方は最初から相続人ではなかった訳ですから、勝手に処分したことになりますから当然問題になり、相続放棄を取り消されるなんてことも考えれられます。

遺品整理で後になって困らない為にも、遺品整理で重要なのは、最初から、遺産相続を意識した遺品整理を行う事が求められます。

遺品整理と相続のまとめはこちら(ご遺品整理から形見分けまでの流れ)>>>

ご相談・ご依頼等お気軽にお問い合わせ下さい TEL 03-6905-6959 店舗営業:年末年始以外年中無休
Mail:問い合わせ24時間対応中

PAGETOP