遺品整理、生前整理、老後整理、土地・建物から相続問題まで、ご相談下さい。遺品整理専門店Ihin99です。

遺品整理作業の前にやって置く事は?

遺品整理作業の前にやって置く事は?(遺品整理作業前のポイントとは)

遺品整理のチェックポイントで少しご案内させて頂いておりましたが、こちらでは、ご遺品整理の作業前のポイントとして、遺言書の確認から始まり、遺品整理に必要な事前準備など、ご遺品整理作業の前に行っておく事や、遺品整理業者に作業を依頼する際のポイントなどをご説明させて頂いております。

目次

ご自分で遺品整理をやる時はこちらをご覧ください>>>

ご遺品の中には遺産相続の財産が含まれている事も

大切なお身内の方がお亡くなりになり、葬儀やご親戚の対応、相続関連の手続きや必要な書類の手配、故人の方が生前ご利用になっていた有料サービス等があれば、停止の依頼など、悲しみも癒えぬ内からやらなければならない事が沢山有ります。(有り過ぎます)

何よりも先に故人の方(被相続人)の財産相続が有る事を考えなければなりません。
これは、故人の遺品は、相続の為の財産として考えれられているためです。
相続人が誰かを特定する前に、遺品整理を行ってしまうと、後に相続人同士で揉めてしまったり、相続放棄の手続きが出来なくなってしまい仮に負の相続財産(借金)が有った場合でも相続をしなければならない事態になりかねません。

又、遺産相続が完了するまで、故人の方(被相続人)の銀行口座が凍結されていますから、口座からの現金の出し入れが事実上ストップした状態になります。その口座からの引き落としもストップしてしてしまうため、口座から自動引き落としされていた支払いを振り込んだりと手間がかかってきます。

ご遺品整理を行う前のチェックポイント
遺言(いごん)書の有る無しを確認します。

(公正証書遺言以外だとご遺品の中にある場合が有ります)

次に相続人が誰なのかを特定します。

(故人の生まれてからお亡くなりになるまでの戸籍が必要になります)

現金や有価証券、不動産や動産等の財産を確認します。

(書類・貯金通帳等確認します)

ご遺品の中から相続財産になる物を探します。

(骨董や、他のお品物で価値が有りそうな物を分けます)

形見分けのお品物が有れば、選択します。

(高価な物でも相続人が納得すれば形見とする事もできます)

ある程度の仕分け分別が終了したら

(遺品整理の準備に取り掛かります。重量物の撤去や、処分する物の量が多く、ご遺族で処分が難しいと判断したら、遺品整理業者に連絡してお見積りをお願いしても良いと思います)
※他に探して欲しいご遺品や、書類などがあれば、お見積り時にお話をされた方が良いです

まとめると

1、遺言(いごん)書の確認
2、相続人の確認
3、相続財産の確認
4、形見分けするお品物を決めておく
5、ある程度財産の内容確認が出来たら遺品整理の準備に取り掛かります。
6、ご遺族で遺品整理(片付け・整理)が出来るかを確認します。
7、ご遺族での遺品整理が難しい様であれば、業者に依頼する事も考えましょう。

遺品整理業者に依頼をする場合のポイント
整理作業の日までに、必要(形見等)なお品物とそうでない物を分けておきます。
お見積もりを依頼する業者の見積もりの内容等の説明がちゃんとされているかを確認します。
注意ポイント
見積もり金額提示の根拠が曖昧な業者も多く存在します。
この様な業者は注意が必要です。正式な見積もり書を文章で請求しましょう。内容がキチンと項目毎に説明されているか、金額がしっかりと書き込まれているか確認します。項目や金額がの提示の仕方が曖昧な場合は注意が必要です。

 

ご相談・ご依頼等お気軽にお問い合わせ下さい TEL 03-6905-6959 店舗営業:年末年始以外年中無休
Mail:問い合わせ24時間対応中

PAGETOP