遺品整理、生前整理、老後整理、土地・建物から相続問題まで、ご相談下さい。遺品整理専門店Ihin99です。

初めての遺品整理

遺品整理についてのご案内

遺品(遺産)とは主に故人が所有していた、不動産、貯金、株など金銭的に価値のある物や衣類、日常生活品や趣味の物までが含まれる為、その範囲は非常に広くなります。また、ご遺品と呼ばれるものは相続財産で有る為、ご遺品整理には相続全般の手続きや内容に明るい者が対応する事が望ましいと言えます。

※相続の為の複雑な手続きを行うためには、それぞれの手続きに合った士業の専門家が必要になります。

相続診断士が各士業の方々とご遺族様の間に立ち、ご遺品整理、相続案件をスムーズに進めるお役に立ちます。
遺品整理と相続診断士>>>

初めての遺品整理

故人が亡くなってから、お身内の方々で財産(相続財産)か形見分けする遺品なのか選別が必要になってきます。
金銭価値が高いものは相続財産としてその他遺品とは明確に分類する必要が生じます。
これは、相続する財産であれば、相続人全員で相続が終了するまで共有の財産として保管をしなければなりません。
相続が終了する前に、相続人の誰かが価値の判断をせずに勝手に処分してしまうと、時には、相続自体が上手く進まずに相続の紛争や税金問題などのリスクを負うことになる可能性も大きくなります。

遺品整理で仕分ける

遺品整理は、最初にわかる範囲で相続財産と形見分けの品の区別をつけそれぞれ、仕分けする必要があります。
ご遺族の方々が自分たちだけで遺品の整理を行う場合は、葬儀などの法事が済んでから着手するケースが殆どです。不動産、貯金などの財産は把握していたとしても、ご家族の知らなかった相続財産として価値の有る物が故人の遺品の中から出てくる事も珍しくはありません。

遺品整理と相続財産の詳細説明ページは以下のリンクより
遺品整理と相続財産>>>

遺品整理で負の財産が見つかる事も

故人の財産はプラスの財産だけとは限りません。ご家族の知らない間に借金をしてしまい、債務の契約書をご家族の知らない所(本や、ファイル)の間に隠して置いたものが遺品の仕分け作業中に発見されることもあります。
相続において相続財産とはプラスもマイナスも全て受け継ぐ事になりますが、負債が多い場合は相続開始(故人が亡くなったのを知った日)から3ヵ月以内であれば家庭裁判所に相続の放棄を申請して負の財産の相続を回避する事もできます。そのため、成るべく早く、遺品の整理に着手した方が様々な点でメリットがあります。

遺品整理でのご遺族の負担を軽減

また、大切なご遺族の日用品や愛用品を整理するのは、精神的、時間的に負担となる事もあります。
整理を初めてみたものの、一つ一つの品物に故人の生前の思い出が蘇り、整理が中々進まないといったこともよくあります。そんな時は遺品整理士の資格を持つスタッフがご遺族様に変わってご遺族様の思いを大切にしながら、遺品の整理をさせて頂きます。

遺品整理のポイント
品整理は財産価値の高い物と財産価値の低い物の分別仕分けが重要です。
負の財産を相続しなくて済むかも知れない可能性があります。
相続前にプラスの財産を発見する可能性もあります。
大切な故人の遺品整理をするご遺族様の様々な負担を軽減できます。
僭越ですが一日も早く悲しみを癒し日常生活復帰へのお手伝いを致します。
遺品整理は時に法律に係わる専門知識が必要になります。
賃貸の場合は、賃料が発生する為短期間での遺品整理が必要になる。
遺品仕分け主な分類
相続財産に分類されるもの
金品や通帳印鑑など、直接的な財産
遺品整理品として仕分けされるもの
手紙や写真、趣味のコレクション等、布団や衣類、家具や家電等
遺品整理仕分け後の流れ

相続財産、遺品(形見)、回収処分品等、全ての分類仕分けが完了した後引き取り手のない物やリサイクル可能な物の買取、法的な不要品の廃棄処分が行われます。

ご要望に応じて遺品の御霊(おみたま)抜きやお焚き上げなどの供養、クリーニング、特殊清掃、リフォームなどを行います。
ご遺品整理各種プラン料金

遺品整理の為の料金表説明画像

個々の生活状況にり荷物量に違いがございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

少量回収でも対応バナー

遺品・生前整理フロウ流れイメージ画像

遺品・生前整理お申し込み詳細バナー

更に詳しくお知りになりたい方は以下の遺品整理ガイド詳細ページをご覧ください

遺品整理ガイドビックバナー

ご遺族で行ないたいとお考えなら、ご自分で遺品整理を行う方へをご覧ください

遺品整理をご遺族で行なうには説明バナー

ご相談・ご依頼等お気軽にお問い合わせ下さい TEL 03-6905-6959 店舗営業:年末年始以外年中無休
Mail:問い合わせ24時間対応中

PAGETOP