代襲相続人の権利保有者

本来の相続人(ここでは父母)が相続をする前に既にお亡くなりになってしまっている場合、お亡くなりになった方(父母に変わり)その子や孫、ひ孫が本来の相続人(お亡くなり)になった方に変わって相続する事を「代襲相続」と言います。

代襲相続はどこまで続くのか

非相続人(亡くなった方)から見てお孫さんが代襲相続の立場にいる場合で、そのお孫さんも既にお亡くなりになられている場合は、その子(ひ孫)が代襲相続をします。もし「ひ孫」までなくなっている場合は「ひ孫」の子供が代襲相続をします。亡くなられた方(非相続人)から見て子供にあたる方の場合は(現実的ではないですが)限度なく下がって代襲相続をする事ができます。

代襲相続説明相関図画像

兄弟姉妹の代襲相続

お亡くなりになった方(被相続人)の兄弟姉妹が相続人となる場合で、その相続人(兄弟姉妹)が既にお亡くなりになられている場合は、兄弟姉妹の子供が代襲相続者となりますが、兄弟姉妹の子供が既にお亡くなりになられている場合は、兄弟姉妹の孫が代襲相続者となる事はありません。親子関係の代襲相続とは違い、法律上、被相続人から見て兄弟姉妹にあたる方の「代襲相続はその子供」までと決まっているためです。兄弟姉妹の血縁者は非相続人から見て、血縁関係が徐々に薄くなっていく事が考えられ、遺産相続による財産の取得分があまり多くなりすぎないように考えられています。

養子縁組前に出生した養子の子の代襲相続権の有無

養父母は養子縁組の日から法定血族関係に入りますが、養子縁組の時点で存する養子の親族とは親族関係にはなりません。その為養子縁組が成立する前に生まれていた、養子の子については直系卑属に当たりません。
代襲相続の権利者は被相続人の直系卑属に限るとされています。よって代襲相続の権利はないとゆう事になります。養子縁組の後に生まれた養子の子は非相続人の直系卑属となりますから、代襲相続の権利も発生する事になります。

養子縁組前に出生した養子の子の代襲相続権の有無

養父母は養子縁組の日から法定血族関係に入りますが、養子縁組の時点で存する養子の親族とは親族関係にはなりません。その為養子縁組が成立する前に生まれていた、養子の子については直系卑属に当たりません。
代襲相続の権利者は被相続人の直系卑属に限るとされています。よって代襲相続の権利はないとゆう事になります。養子縁組の後に生まれた養子の子は非相続人の直系卑属となりますから、代襲相続の権利も発生する事になります。

 

相続診断バナー

メール問い合わせ