先妻(夫)・後妻(夫)の子の相続権

一人の配偶者と相続が発生するまで様々な諸事情によってずっと一緒とは限りませんから、中には先妻(夫)や後妻(夫)、あるいは連れ子の相続に直面する方も多くいらっしゃると思います。ここでは、前の配偶者と何らかの事情があり分かれた後に別の配偶者を持った場合の相続について考えてみたいと思います。

先妻の子の相続権利

例えば、今回亡くなった(被相続人)父には前妻とその間にできた子が一人います。前妻と離婚後今の妻(配偶者)と結婚をしました。二人の間には後妻の連れ子が一人有り、その後子供が一人生まれています。この場合には前妻の子の相続権は発生するのでしょうか?

既に離婚が成立していれる被相続人の先妻には相続権は有りませんが、先妻との間に子がある場合その子は今回の被相続人の実子となります。そのため、前妻の間にできた子にも実子と同じ割り合の相続権が与えられます。

後妻の連れ子の相続権利

今回のケースでは被相続人(夫が亡くなり)再婚した妻(配偶者)には連れ子が一人有り、再婚後、配偶者との間に子供が一人(実子)が生まれています。実子は今回亡くなった非相続人の子供(実子)ですから当然のごとく法廷相続権は発生しますが、連れ子に関しては亡くなった(被相続人)との間で養子縁組がなされていなければ、連れ子には法廷相続の権利は発生しません。後に、連れ子の実の母がお亡くなりになれば、実子と連れ子の二人が法廷相続人となります。

半血兄弟姉妹の相続権利

兄弟が法廷相続人となる場合は、半血兄弟姉妹と実の兄弟姉妹では法廷相続分の割合が異なります。半血兄弟姉妹とは父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹(腹違い)の事をいいます。半血兄弟姉妹の相続割合は父母の双方を同じくする実の兄弟姉妹の相続分の1/2が法廷相続分とされています。

 

相続診断バナー

メール問い合わせ