嫡出子・非嫡出子

嫡出子とは、婚姻の関係にある男女間で生まれた子供のことを指します。それに対して非嫡出子は婚姻関係に無い男女間に生まれた子供のことを言います。嫡出子(実子)は当然の事ながら実父、実母が亡くなった場合には遺産の相続権利が発生していますが、非嫡出子に関しては、事前に認知されていなければ、相続人となりえないため認知をされている事が遺産相続においては大変重要となります。

認知されるには

非嫡出子は父との関係においては認知をされる必要がありますが、母に関しては分娩の事実により当然に親子関係が証明されるため、父の時と違い認知をしてもらう必要はなくなります。

嫡出子・非嫡出子の法定相続分

以前は非嫡出子は嫡出子の1/2が相続分とされていたが、平成25(2013)年9月5日以降に発生した相続に関しては嫡出子も非嫡出子も同等の扱いとなり現在では遺産相続の相続割り合いに関して差がなくなっています。

 

相続診断バナー

メール問い合わせ