遺産相続の基礎控除額

遺産相続の基礎控除額目次

法定相続人の数と遺産控除額

平成27年1月1日より遺産相続税の控除額が大幅に変更されました。
平成26年12月31日までに遺産相続が発生した場合の遺産相続の基礎控除額では以下の様になっていました。

平成26年12月31日まで
基礎控除額が5000万円+1000万円×法定相続人の数
例:配偶者と子3人が法定相続人の場合
5000万円+4000万円=9000万円

平成27年1月1日までに遺産相続が発生した場合の遺産相続の基礎控除額は以下の様に変更となりました。

平成27年1月1日より
基礎控除額が3000万円+600万円×法定相続人の数
例:配偶者と子3人が法定相続人の場合
3000万円+600万円=5400万円

上記の様に、基礎控除が額が変更になったことにより以前にも増して、法定相続人の数が大きく相続税の控除額に影響してきます。その為、養子縁組や相続放棄の考え方を利して意図的に相続人の数を増やす場合も十分に考えられるため以下の様な考え方で相続人の数を作為的に増やす事ができないようにしています。

相続放棄者の考え方

相続放棄者がいる場合はその放棄がなかったものと考え法定相続人の数を数えるように定めています。

相続放棄人数の考え方説明画像

養子がいる場合の法定相続人の数え方

養子縁組者がいる場合も、被相続人の数を意図的に増やす事が出来ないように考えられていて、実子がある場合は、養子縁組者が何人いても、法定相続人に加われるのは1人までとされています。
実子が無い場合は、養子縁組者は2人までしか法定相続人の数に加わる事ができないとされていて、制限をかけています。
※民法上の特別養子縁組者、いわゆる連れ子養子、代襲相続人で相続人の養子となったものは、実子としての扱いになりますので養子の数の制限を受けることはありません。

養子がいる場合の法定相続人

 
相続診断バナー