遺品整理、生前整理、老後整理、土地・建物から相続問題まで、ご相談下さい。遺品整理専門店Ihin99です。

生前整理・老前整理では相続に関する整理も重要だと言えます

  • HOME »
  • 生前整理・老前整理では相続に関する整理も重要だと言えます
生前整理・老前整理は片づけや整理だけでは、終わりません!生前整理・老前整理では相続に関する整理も重要だと言えます
こちらのページでは、生前整理・老前整理で重要な、相続財産を把握する事でのトラブル予防のメリットやエンディングノート・不動産の資産活用・相続税の対策などに関する各種サービスの内容と各種無料相談に関して説明をさせて頂いております

生前整理・老前整理では相続に関する整理も重要だと言えます

生前・老前整理における他社との違いを説明見出し

生前整理・老前整理のご依頼をご検討中で有れば、是非他社と比べてみてください。弊社の生前・老前整理はお客様のご希望により以下の3つのポイントを押さえたサービスを提供する事ができます。
1物理的な物の整理見出し
年齢的に落ちる体力と共に物量は増える傾向にあります

■物理的な身の回りの整理とは?

自宅介護の為のお部屋の片付け整理
施設入居の為のお部屋の片付け整理
家具等の重量物の移動・撤去処分
使わなくなったお部屋の片付け整理
相続紛争事前予防見出し
相続に係るトラブルの事前予防・財産の分別整理

■相続や財産に係る整理

相続関係の準備(財産把握・遺言)
エンディングノート(メッセージ)
不動産などの資産活用・売却等
保険を活用した相続税対策等
将来の不安の軽減見出し
将来の漠然とした不安(健康不安・財産等)

■不安軽減の整理(準備)とは?

後見・任意後見制度の概要説明
財産管理・死後事務・見守り契約等
葬儀や供養に関してのご相談
持病による保険の見直し相談

生前整理・老前整理99では、片付けや整理だけでは終わりません。
ご依頼者様の今後の生活がより一層充実し豊かにお過ごし頂ける様に片付けや整理以外に
付加価値の高いサービスの提供を始めております。
遺品整理・生前整理99サービス挨拶

生前整理・老前整理問合せ電話番号03-6905-6959生前・老前整理問合せメールバナー
メールにてお問い合わせ頂きましたお客様には、内容を確認させて頂き24時間以内に担当者からご連絡を致します。

生前・福祉整理における相続対策見出し

相続財産が多くても、少なくても、遺産相続では揉める(紛争)傾向が有るのをご存知でしたか?相続で揉める(紛争)になる原因は、相続資産の額よりも相続人の心情に大きく関係してきます

相続に絡む相談や事件は年々増加傾向にあります

最高裁判所平成24年度司法統計 表データ三井住友トラスト様より引用
増え続ける相続絡みの相談や事件統計棒グラフ

相続に関係した相談や遺産分割を巡る事件の件数は、毎年増加傾向に有ります。これは、相続の財産が多いから揉める傾向に有ると思ったら決してその様な事はありません。

相続人同士が揉める原因の一つに、生前に故人の面倒を他の相続人より診ていたのに、法定相続分では納得がいかない等、心情的な事が原因で起こる率が高いです。

ご自身の死後相続人同士が円満に相続を完了する為にも生前から相続を考えた相続大祭策を行って置く事が重要になります。

弊社は相続の経験が豊富な士業職との連携で相続に関するお悩みの軽減に対応致します。

遺産分割が困難な土地・建物の相続は50%以上

表データ平成24年度相続税申告状況 国税庁:三井住友トラスト不動産様引用
遺産相続の50%以上に土地・建物が絡みます円グラフ

相続財産の内訳が、相続人同士で分けやすい現金が多ければ、良いのですが、相続税の申告状況を見てみると、遺産分割が難しい土地や建物の割合が実に50%以上を占めています。相続人が複数おられる時は、法定相続分を主張したとしても、土地や建物を現金化しないと遺産分割をスムーズに完了する事ができない可能性が有ります。

誰も住んでいなければ、売却もスムーズに行くかも知れませんが、そうでない場合は相続の完了に多くの時間が掛るかも知れません。

また、調停に持ち込まれる、相続絡みの案件の70%以上が、5000万円以下の相続で有る事を考えると、相続財産が多い少ないに係らず、事前に相続の為の準備を行っておく事は重要だと言えます。


相続に関する整理の説明用見出し

生前整理や老前整理は、将来に備え様々な準備をできる間に行って置く事が重要だと言えます。相続に関する各種ご相談や手続きのご案内、不動産・相続税対策・生命保険の活用法など、その道のプロがご相談に乗り適切なアドバイスを差し上げております
相続に係る整理・準備見出し画像

生前に財産を把握し相続に係る準備を行う事も重要です。
人がお亡くなりになれば、相続が発生し持ち物は全て相続財産とゆう事になり、その中から、遺品と財産、形見の品、処分品等に分別仕分けを行う事になります。

ご遺族にとっては、死亡手続きや、名義変更、葬儀や相続、など、やらなければならない事が一気に発生してしまい、中でも相続絡みの事は時間と労力を要する事が考えられる為、残されたご遺族の負担を少しでも軽くするために、生前より準備を行う事が理想と言えます。

エンディングノート・メッセージノート活用の説明見出し

エンディングノートやメッセージノート(メモリアル)は正式な遺言書(公正証書)とは違い法的な効力は一切ありませんが、作成者の思いを綴る事ができます。

文章だけではなく、写真(デジタルアルバム)やWEB関連(ブログや自分のサイト)、動画(ムービー)を活用する方もいらっしゃいます。
早めに準備する事で、内容を充実させる事も出来ますので、近年、作成者(故人)の遺志を伝える手段として活用される方が増えてきています。

不動産等の資産活用・売却・購入相談

子供たちが独立したので今の住居を売り、新たに住宅を購入したいとお考えであったり、生活資金捻出や相続税対策でアパートやマンション経営を始めてみたい等、不動産や住宅に係るご相談やお悩みなど有ればご相談下さい。

実務経験が豊富な宅建有資格者が対応させて頂きます。
住宅や土地の登記に関しても専門家と連携を行う事により、ワンストップ対応を実現しています。

相続税対策見出し

相続税の具体的なご相談、実務は法律上税理士資格者以外は取り扱う事ができませんが、今お持ちの資産を活用するのか、保険を利用するのか、どの様な方法で節税するのかなど、ご相談を承っております。

その方法によって其々門家が必要になってきますので、お客様の現在の状況やご希望などをお伺いさせて頂いた上で、適切な専門家をご案内する事ができます。

無料相談について説明見出し

相続など現状の聞き取り

・相続診断士が概要の聞き取り対応
ご希望により専門家に話を繋ぎます

土地・建物等のご相談対応

・宅建資格者が概要の聞き取り対応
ご希望内容により専門家に繋ぎます

相続手続き・保険ご相談対応

・士業専門職が聞き取り相談対応
相続手続きや内容に明るい専門家の無料相談

・大手保険会社専門家による無料相談対応

相談の流れ1
相談の流れ2相談の流れ3相談の流れ4

相続財産を把握するメリットとは見出し

相続財産を生前に把握しておく事で相続財産を有効に分配(相続)させる事ができますし、この様な配慮を行う事で、無用の相続トラブルの防止効果が有ります。また、相続財産の把握は、相続税の有り無しを判断する材料となります

相続財産を把握するメリット

・相続税が必要かを事前に把握できる
・相続税対策を早くから行う事ができる
・誰に何を相続させるか検討ができる
・相続時の揉め事を回避した相続が行える
・遺言書作成時には財産内容の把握が必要

代表的な相続税対策(例)

1、生前贈与(年間110万円まで)
2、配偶者への贈与
3、相続時精算課税制度
4、現金の不動産化
5、アパート・マンションを建てる
6、生命保険に加入する

生命保険の節税外のメリット見出し

相続税の節税方法として生命保険がありますが、相続税の節税以外でも生命保険には多くのメリットがあります生命保険(死亡保険金)への加入は節税効果以外にもこのようなメリットがあります

生命保険への加入は、土地や建物、多くの預貯金が無い方でも、比較的手軽に始められ、また、相続税の支払いが発生しない場合であっても、死亡保険金は現金で支払われる事から節税以外のメリットも有ります。
相続を考えた時の生命保険加入のメリットと生命保険加入時の疑問について見てみましょう。

生命保険に加入するメリット

相続税の節約以外のメリット

死亡保険金は、現金で受け取れる
相続人の納税資金の一部に充てられる
相手を(受取人指定)決められる
原則、銀行口座凍結の影響を受けない
葬儀費用やその他当面の生活資金に出来る

 

生命保険相続税控除のメリット

相続税控除のメリット

500万円×相続人数が相続税の非課税控除

※「契約者(保険料の負担者)=被保険者」で死亡保険金の受け取り人が法定相続人の場合のみ

生命保険加入検討時の疑問

生命保険加入検討時の疑問

高年齢での加入が難しい?
加入できたとしても、加入年齢により掛け金が高い?

 


年齢的に大丈夫かな?糖尿病で治療中なんだけど、等々保険加入をあきらめていた方も一度お問い合わせ下さい。
あきらめるのはまだ早いかもしれません、様々なお客様のニーズにお応えできる様、多くの保険商品をご用意してお待ちしております。
保険の専門家がお客様のお話をお聞き致します。


保険問い合わせ案内バナー生前・福祉整理問合せメールバナー

相続における生命保加入によるメリットまとめ

生命保険金は死亡後現金で支払われれますから、相続人の納税資金にしたり、事前に受取人を指定できることから、相続人全員の承諾が無くても引き出す事がでる為、銀行口座が凍結されていても、当面の生活費に充てる事が出来る上、生命保険の相続税非課税限度枠は500万円×法定相続人の数となります。また、土地や建物の財産が多い場合でも、生命保険金を、遺産分割の一部に充てやすくなります。

生命保険金は、相続税の対策としての利用の他に、この様に様々なメリットが有ります。
早めに相談をして頂く事で、年齢による掛け金にも影響が出る可能性も有りますので、話だけでもとお考えの方は、専門家をご紹介させて頂く事ができますので、お気軽にご相談下さいませ。

整理・片づけは当たり前、他のお悩み一括対応見出し画像

弊社では各ジャンルの専門家と協力する事により、各種案件にワンストップで取り組む事ができます
・片づけ・整理・回収処分   →整理専門家が対応


・相続に関する聞き取り診断  →相続診断士が対応


・メッセージノート作成補助等 →相続診断士が対応


・後見・任意後見制度概要説明 →相続診断士が対応


・土地・建物購入、販売相談  →宅建資格者が対応


・リフォーム・クリーニング  →提携先専門家対応


・特殊清掃・消臭・除菌    →提携先専門業対応


・葬儀・供養等のご相談    →提携先葬儀社対応


・相続各種手続き       →法務専門家が対応


・相続事件・その他手続き   →弁護士が対応


・保険関係のご相談と手続き  →保険の専門家対応
フロー(流れ)イメージ
様々なお悩みには専門家一括対応で負担を軽減

生前・老前整理問合せバナー誘導、メール・電話生前・老前整理問合せメールバナー

生前整理・老前整理各サービス内容の確認移動は以下のボタンをクリックしてください

1物理的な物の整理見出し
相続紛争事前予防見出し
将来の不安の軽減見出し
PAGETOP